スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サプリメント
P5180002_convert_20090531164739.jpg

 んちは~!今日はボクが飲用しているサプリメントを紹介しましょう。
 奥の左の大きなボトルがプロテイン、その右がアミノオール(7種類のアミノ酸がブレンドされています)そして右手前の黒いボトルはBCAA、真ん中にあるのがグルタミン、手前の茶色いのがクレアチン、そして手前左の小さいボトルがカルニチンです。
 
 朝食後とトレーニング直後に飲むプロテインとアミノオールが一番飲むので、なるべく安くていいものを・・・とジムのみんなの紹介で、LAニュートリションを買っています。

 現在はプロテインとアミノオール、BCAAを主に飲んでいますが、一番効果を感じるのはプロテインとアミノオール。ジムのみんなはBCAAだといいますが。

 クレアチンとグルタミンはここ2年くらいは飲んでいません。クレアチンはここ一番の集中力や踏ん張り、高パフォーマンスなどの効果があるようですが、肝臓への負担もあるようなので、やめています。
 グルタミンは疲労回復に効果があるようですが、トレーニングで追い詰めても次の日までに疲労回復させたいような状況はないので、飲んでいません。むしろ次の日からの筋肉痛を楽しんでる感じだな。
 クレアチン、グルタミン、BCAAはMUSASHIブランドですが、とても高くて買い続けることはできません。やっぱしLAニュートリションですな。
 
 カルニチンは脂肪を燃焼させるのに役立ちますから、有酸素運動をする前に飲むことが多いです。
 これはドラッグストアでも簡単に手に入りますね。L-カルニチンってやつです。

 筋肉をつけたい方にはプロテインはおすすめです。トレーニングしていれば2ヶ月経ったくらいから体つきが変わってきますよ。そうなると楽しくて楽しくてやめられなくなってくるんだよね。
 
 体改造、脱ぽっちゃりを狙っている方の反応お待ちしています
スポンサーサイト
俺の趣味その3
P5180006_convert_20090528152901.jpg

 フフッ ここが俺のワインセラーだぜ ワインセラーという名の押入れだけどな。

 ワインが趣味のボクは自分でも買うけど、よくプレゼントで頂くことが多く、その中の気にいったワインを残しています。左の奥にはドンペリもあるよ~。
 グランクリュと呼ばれるフランスの格付けワインは別格として押入れの上の棚に別ラックでそっと寝かせてあります。
 
 そもそも17~18年位前に比較的甘いドイツワインから飲みはじめ、甘さに飽きてフランスの白を飲むようになり、やがて赤の世界に入ってしまいました。赤は7~8年どっぷりはまり徹底的に飲み比べ(??)ました。複雑なフランスワインの味はいまだにはっきり違いが分かるとはいえませんが、ボクはブルゴーニュ地方のワインよりボルドー地方のが好きです。特に赤は重くて香りのいいのが好きですね。白はやっぱりボルドーのグラーブ、またシャブリも好きです。

 ブドウの品種では、赤はピノノワール、シラーズ、メルロ、カベルネソービニョン。白はソービニョンブラン、リースリング、シャルドネが好きです。

 で、どっぷりはまったツケが出ましてメタボ気味になってしまい5年ほど前から大好きなワインを封印しているんです。現在はもっぱら焼酎にし、食べすぎにも注意しトレーニングもしっかりやるようになりだいぶ解消されました。
 でも一番好きなのはワインです。

 何かいいことがあった時はお祝い気分でワインを飲むようにしているんですが、最近はカリフォルニアワインばっかりです。赤の重さに一時疲れたボクはその後は白を飲むことが多いんですが、やっぱしカリフォルニアワインは「ロバートモンダビ」ですね。サイコーです。今はフランスワインよりも好きです。 オーストラリアやアフリカ、チリ、アルゼンチンあたりの重たい赤も好きだしスペインやイタリアも好きっちゃー好きですが、やっぱりカリフォルニアだな。
 ロバートモンダビ社のウッドブリッジはコストパフォーマンスが高いっすよ。千円台前半であのウマさ。リーデルのグラスにでも注げば¥3000位のワインになりますよ。是非お試しを。
 
 体質的に受け付けないという方(飲むと寒気がしたり真っ青になってしまう方、過呼吸になってしまう方)にはお勧めしませんが、一応飲める方でワインは苦手っていう方はドイツワインから飲んでみたらどうですか?

 みなさんの良く知るマドンナをはじめ、ブラックタワー、リープフラウミルヒなど飲みやすいワインはいろいろありますよ。

 あ~ワイン飲みて~ でも今日も焼酎の炭酸割り生レモン絞りです。ま、これはこれでうまいわ
俺の趣味その2
P5180003_convert_20090522223852.jpg
P1010173_convert_20090522230643.jpg

 そうです。ボクの趣味その2は釣りです。それも渓流釣り。もちろん、池や海も興味がありますが、行く暇がないので渓流なのです。川なら俺んちの裏にあるし(徒歩30秒)ポイントはたくさんあります。
ボクは少年時代はあまり釣りに興味がなく、かつて就職していた国鉄(現JR)を退職し、実家の家業である石材業を継ぐことを決意し白馬に戻ってきてオヤジに連れてってもらったことがきっかけで一気にのめりこみました。
 写真の釣竿は左から息子用の短いの、テンカラ(毛針用)、真ん中の2本は親父からもらったもの。昔製のダイワの竿(日本製です)一番右はダイワの朝霧。結構奮発して買ったいい竿です。
 左から2番目はオリンピック。

 さてボクはもっぱらイワナ狙いですが、白馬ではなかなか大イワナと言われるサイズは釣れません。
ボクの最高記録は下の写真のイワナ34センチです。でもこれは放流したイワナですね。天然イワナは
もっと尾びれが発達していて腹が赤めのものが多いですね。
 
 でも俺にとっては大物。俺の義理の兄は49センチのイワナを釣って剥製にしてありますが、これはおばけです。鮭みたいです。

 いつかはオーバー50のイワナを釣ってみたいですね。数はいらないんです・。1匹でいいから大物が釣りたいんです。

 ところで、なんでそんなに釣りにはまるかわかります?みなさん。
他の人はどうかわかりませんが、僕の場合は、ズバリ「バカになれる時間」だからです。

 釣っている時は心配事や悩み、ほか何も考えません。ただアタリが来ることだけを考えているので、
頭がカラッポ。つまりバカになれるのです。これが精神衛生上すごくいいのです。
 ONとOFFを使い分ける意味でも効果絶大です。これが釣りでなくてもいいのです。
  是非皆さんもバカになれる趣味を持ってください。
俺の趣味その1
P5180001_convert_20090520221441.jpg

 買いました、ニューボード。そうスケートボードです。
何年ぶりでしょう。スケートを買うのは。・・・おそらく20年ぶりくらいです。
その昔ボクが20才前後の頃、スケートボードとサーフィンに憧れて、まず通信販売でスケートボードを買いました。その後スノーボードの友人で、当時プロスケーターでもあったローズ松島と西川スラたかしと出会い、テクニックを教わりました。
 スケートボードにはさまざまなジャンルがあり、それらに強く興味を持ちました。
スノーボードでいうHPに似たランページ。自然の地形を利用しさまざまなトリックを用いて遊ぶストリート、細いボードで平地でトリックを競うフリースタイル、パイロンを立ててスラロームのタイムを競うスラローム、また下りを高速で滑り降りるダウンヒルなど。

 ボクはとりわけフリースタイルに強い興味を持ちました。はじめはランページもストリートも楽しみ、自宅に幅の狭いランページを作ってひたすら練習もしました。当時のスター、トニーホーク、クリスチャンホソイ、マイクマックギルなどのモデルのボードを買いむちゃくちゃ滑りました。その当時のビデオも残っています。
 その後パウエル(メーカー)のプロモビデオのフリースタイルの妙技に目を奪われ、すぐにスーパースター、ロドニーミューレンモデルを2台購入しました。
 それからはビデオを見ながらひたすらテクニックの練習。見よう見まねでいくつかの技ができるようになりました。その当時の映像ももちろん保存してあります。

 それからだんだんスケートから遠のいてしまいましたが、2年ほど前テク選に出ている吉野智和君が出ているDVDの中で吉野君のすごいスケートテクニックを見て再び火がつきました。
 吉野君にその話をすると、日本のトップフリースタイーラー藤井兄弟に教わっていると・・・。

 後日藤井兄弟のDVDを見せてもらうと・・・ビックリ!ボクの記憶にある世界一うまいロドニーミューレンのテクニックを越えたすごいテクニックの連発。

 え~!日本のレベルはこんなところまで来ているのか・・・とカルチャーショック!

 かくかくしかじかそういうわけで今回フジイマサヒロモデルを購入したのであります。

 フリースタイルにはいろいろな系統のテクニックがありますが、復習のつもりでやってみるものの当時とは体重が違い、体が重くてなかなか思うようにいきません。とはいえ、当時の感覚は忘れておらずそれなりにできることもあり、今後のことを考え、また新しい目標ができた嬉しさがこみ上げてくるのです。

 年とヒザの爆弾を考慮しながらテクニックを向上させます。いや絶対に・・・。

 いつかみてね
ムウとピョン
P5180004_convert_20090518213004.jpg
P5180005_convert_20090518213119.jpg

 我が家のアイドルです。そう、ウサピョンです。品種はネザーランド。春、カインズホームで買いました。ハイ、娘にねだられて・・・。
 ずっと飼っていた犬(ジョン→ゴールデンレトリバー)がおととしの暮に死んでしまい、娘から犬が欲しいと言われ続けていたのですが、ダメだーっといっていた代わりにうさぴょんを。

 名前は上がムウ。下がピョン。どちらもネザーランドです。ボクになついているのはムウ。ピョンは
俺が指を出すと、そのにおいをかいだ途端、プイっとあっちに向くし、俺の手にガリガリっと爪で引っかくんです。ムウは好奇心旺盛のメス。ピョンは神経質なオスです。

 ウサギって、かわいいし泣かないし(グゥって言うけど)楽だけど、なかなかなつかなくてつまんないっちゃーつまんない。なかなか抱かせてくれないし。猫だって気分がのればのど鳴らしてすりついてくるのに。
 
 ま、気長に様子見よう。そのうちおもしろくなるかも・・・。
大好物
P5160002_convert_20090516225846.jpg

 みなさん、これなんだかわかります?笹の葉じゃないですよ。
 ・・・・これはみょうがの木(親)なんです。
親?と思うでしょ?みなさんがご存知のみょうがはつぼみのような・・・あれですよね。
でもそれが出てくる前に、このみょうがの親が出るのです。これが格別うまいんです。
 これを食べる習慣がない地方では目もくれないんですが、僕にとってはお宝なんです。

 ボクの中では世界で一番好きな食べ物なんです。
 みょうがは比較的どこでも出ると思いますので、是非食べてみてください。
 ボクはヤミツキです。

 ちなみに白馬ではまだ出ないんですが、僕の姉の嫁いだ長野県の下伊那から送られたもの
を写真に撮りました。

 さてでは、食べ方を紹介しましょう。

 このみょうがの木をネギを刻むように細かく切ります。そしてそれをボールに入れて昆布つゆ等の
だしつゆをたっぷりかけます。しょうゆでもいいっちゃーいいですが。

約15分から20分漬けて、かつおぶしをかけてアツアツご飯にかけるか、酒のつまみにしましょう。

 サイコーです。ボクはコイツをご飯にかけると3杯飯が食えます。

 ま、好き嫌いがありますから、ほんの紹介ですがハマル人にははまると思います。

 ボクにとってはもっともご馳走です。

 ではまた
今日の筋肉
P5130006_convert_20090513230823.jpg
P5130002_convert_20090513230708.jpg

 今日もトレーニングに行きました。今日は肩を鍛える日。だけど、今日現在の上腕の育ち具合をアップします。上の写真が上腕二頭筋、下が上腕三頭筋。「キモッ」って言わないでね。

 まったく興味のない方、ごめんなさい。秋にはもっとパワーアップしていると思います。

 今日の白馬は寒かったよ。雪降るかと思ったよ。明日朝は霜が降りるって
 
続・塩の道&I LOVE BENCH
菜の花

 塩の道祭り、3日間歩きました。総歩行距離35キロ。ボクは小谷村ので満足だったんだけど、息子が3日間歩くというのでお付き合いです。

 それぞれの市町村の特色が出ている楽しいお祭りでした。ボクの今回の目的は・・「ダイエット」
ボクがいつもトレーニングしている「アルプスジム」のオーナーの今田氏に教わったスーパーバーム
ダイエットを実行してみました。
 そう、スーパーバームを飲みながら塩の祭りを3日間歩いたら、1,5キログラム痩せました。
いろいろ試してみましたがこれが一番いいようです。

 写真は大町市の中綱湖から木崎湖へ向かう菜の花畑バックの模様。キレイですね。

P5090115_convert_20090509220003.jpg

 で、下の写真は最近やっと調子が出てきた筋トレ。今日は大好きなベンチプレスの日。
 そう、「I LOVE BENCHPRESS」 
 ベンチプレスは奥が深い。はじめはまったく興味がなくて、むしろ引き系だったんだけど、肩を負傷したリハビリのつもりで始めたのが、やっていくうちにハマルハマル。おそらくやればやるほど記録が伸び、しかも筋肉がついて体がどんどん変わっていくのが分かるから・・・やりがいがあるのです。

 みなさんもやってみませんか?毎日の生活に活気が出ます。パワーがみなぎります。

 もう少ししたらパワーアップした肉体の写真を披露します。

 ではまた
塩の道まつり
P5030083_convert_20090504071010.jpg

 昨日の話ですが、白馬村のとなり、小谷村の「塩の道祭り」に増岡夫妻と行って来ました。
この塩の道というのは、その昔日本海から塩を背中に背負って歩いて運んだ道で、その道をみんなで歩くというお祭り。どこまで運んだのかちょっと分かりませんがずいぶん南まで運んだようです。

 これに合わせ北海道から増岡夫妻も足を運び、相沢家と一緒に起伏の激しい約10キロの道を歩き、ところどころで当地の振る舞いの山菜やお茶などをいただきました。

 ものすごい人で大行列で歩きました。いい運動になりました。

 来年、みなさんもいかがですか?
Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。