スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後悔先に立たず
 またしても画像なしです。

 この1週間はめまぐるしく過ぎました。
 
 月曜はベチャベチャ雪の中プライベートレッスン。
 火曜からはSBJで横浜へ・・。ひたすら接客。

 木曜に福島のたかつえスキー場に移動し、金曜はプロ第2戦。

 長野から上信越自動車道に乗り、俺の大好きな軽井沢~松井田妙義間の、風にさらされ
切り立った険しい山々を
 眺めつつ関越自動車道に。さらに北関東自動車道から望む浅間山の美しさ。
 東北自動車道の西那須野塩原インター下車から塩原温泉の渓谷の美しさ・・・。

 すばらしい景色を堪能しながら5時間かけてたかつえに到着。

 疲れていたので19:30に就寝。

 さて、プロ戦朝、気持ちよく晴れて気分は上々。

 大会バーンに上がるとまたしても緩斜面だ。今回はPSL。

 今回は7番スタートといいスタート順だ。
 3日ぶりに滑ってみるが足の感覚はさほど悪くない。

 インスペクションを念入りにする。コース内はある程度締まっており
滑りやすそうだ。緩斜面のわりに横に振ったセットだ。
中盤からほぼ平らくらいの超緩斜面なのでうまくつないでいかないとスピードが落ちる、
ミスの許されないセットだ。

 スタートから4ゲートめあたりまでのイメージがうまく作れずにいたが、何度も修正し
ハラが決まる。

 とにかくエッジングが遅れないように気をつけようと、気持ちを強く持ってスタートするが
3ゲートめで体が起きてしまい遅れる。その後2か所ほど小さなミスをしながらゴール。
 何とも内容の悪い滑り。ラップから2,7秒ほども遅れをとっている。
 赤コースの10位で2本目へ。

 コースも掘れや荒れが目立つようになってきた。しかしトップの選手は何事もないように
攻めていく。高い位置からエッジングし攻めていく。

 今一度攻めのメンタルを作り上げ、スタート。Ⅰゲート目から積極的に攻めていく。
 今度は思うようにカラダが動きスムーズに走っていく。
 超緩斜面に入る中盤で少し体が遅れたため、無理やりエッジを切り替える。
と、それをきっかけにターンが膨らみ、斜度がないためバランスを崩し尻もち・・。

 ・・・止まってしまった(*_*;

 レーサーならたいていの人が経験したことのあるこの瞬間。

 唖然・・・一瞬時間が止まる。  ウソだろ?と思う。

必死で立ち上がりスタートするも、フラットなため前に進まない。

 ガックリ肩を落としながらゴール。

 前半がとてもうまく滑れただけにこのショックは隠しきれない。

 自分が情けない。ちょっとした気の緩みでミスを引き起こした。
 集中しきれていなかったんだ。

 俺はまだそんなレベルなんだ・・。

 会津のおいしい、ふるまい豚汁をいただきながらさっそく反省した。

 反省ばっかりだ・・・(>_<)

 
スポンサーサイト
次につなぐ反省
 今日は写真なしです。 しかも長文です。

 昨日プロ戦、今季第1戦がおんたけ2240で行われた。

 忘れないうちに反省と、気持を整理しておこう。

 朝3:40に起きておんたけへ向かう。現地に6:30前に到着。気温―20℃

 準備してスタートに上がる。ど緩斜面と噂には聞いていたが、俺にとっては
そうでもない。コース全長は1.2キロ。長い。

 とにかく手足が冷たくてどうにもならない。今日はマメにレストランや休憩小屋に入って
足をあっためることを心掛ける。

 
 とにかく巻かないで真っすぐのラインでいく気持ちを貫くことが今回の最大のテーマ。

 スタートは18番。昨シーズンのランキングが悪かったわりにはいいスタート順だ。
 雪はギュウギュウに締まったイイ雪。エッジが絶対に抜けそうにない雪質だ。ただ、
柔らかめのため20~30人滑ると掘れてくる。

 女子が25名ほどか出走した後に男子プロ。多少掘れてきているのは見えたが、気持を強く持って
スタートに立つ。

 特に変な緊張もなく、いい状態でスタートを待つ。
 ゲートインし、再びコースを見つめて真っすぐいく気持ちを強く自分に言い聞かせる。

 気合いを入れてスタート。最初の緩斜面は狙ったとおりのラインで行けた。
 少し斜度が落ちるあたりですでに掘れているところにストンと落ちて2か所
バランスを崩す。途中の緩斜面は最短距離でつなぎ後半はロールのような起伏が
続く。それらもなんとか処理して行くがこのあたりから息が切れて呼吸が苦しく
なってくるのがわかった。最後のロールで体が浮いてしまい飛ばされる。
 いよいよゴール前の落とし込みにさしかかる。ここは先が見えないので早めに
エッジングしていこうとインスペクションで再三確認していたのだが・・・。
 これまた斜面変化で体が浮いてしまい大幅に膨らんで転倒気味に。
 なんとかこらえてゴールするも最後のミスが大きく響き1本目16位。

 何を思ったのか今回はシニアプロクラスにもエントリーしていまい、よりによって
この長いコースにも関わらず計4本滑ることになる。
 2本目を滑る前にシニアの1本目を滑る。

 先ほどの1本目で呼吸と足が悲鳴を上げたため、シニアプロは体力温存のためリラックスして
楽に滑ろう・・などと思ってしまう。
 このあたりからしだいに太陽が照りつけ気温も上がってきたため体が温かくなってきた。
 シニアの1本目スタートとともに早く荷重することを考えていた。しかしターンごと飛ばされ、
ふらふらしながら最後まで滑る。大きなミスはしていないが1ターンごとのロスが大きい。
 ゴールしたとたん息が切れて、思わず倒れこむ。
 こんなんであと2本滑れるのかな・・と思ってしまう。

 休憩所で足を温め、とにかく足のストレッチをマメにやり筋肉の回復を待つ。

 2本目は上位16人のフリップのため、俺は1番スタートだ。ラッキー!
 この利を生かさない手はない。めったにない1番出走のため、今一度気持ちを
1本目を滑る気持ちに切り換える。
 気温はあったかいし陽が当たって斜面も良く見える。セットも変わりバーンは
荒れてない。よし、真っすぐ突っ込むぞ。
 計測器の調子が悪いか、少し待たされ、スタートに立ったりバインディングを外したり
と集中がとぎれるのを気をつけながら、今一度スタートに立つ。
 やる気満々でスタート。今度は最初から体もよく動く。セットも良く見えてる。
 多少ミスもあったが致命的なミスはなくゴール。2本目の順位はしっかり確認していないが
5位らしい。
 2本トータルで11位と順位を5つ上げることができた。
 
 これで一気に気持ちが楽になりシニア2本目へ。
 もう途中で息が切れようが足が攣ろうがどうでもいい、いい意味の開き直りができた。
 だんだん陽が薄くなり雪面が見にくくなる。冷えてきて体が硬くなる。足が冷たくなる。
 
 とにかく体を動かして冷やさないように気をつけ、消極的になりがちな気持ちを何度も
払いのけ、スタートに立つ。
 気合いを入れてスタート。掘れていたができるだけタイトなラインを狙っていく。
 上で2回ほど小さなミス。最後の落とし込みでラインが膨らんでゴール。

 1回目よりいい滑りでゴールし、気分は晴れ晴れ。9位から6位に順位を上げたがこちらの内容は
1本目がお粗末すぎて・・・。

 今回11位という結果は、過去でも一昨年と同じ一番いい成績。しかし内容が違う。
 全体的に、2本揃えられないというのが未だに課題だ。

 今回の良かったのは、今まで1本目が良く2本目でタイムが落ちるパターンがほとんどだったのが、
2本目にいい滑りができるようになったこと。
 これはまぎれもなくメンタルが強くなってきたことにほかならないと自分では思う。
 
 今年滑りを今一度見直して改造し、バインディング、プレートを変え、
ブーツの改造などをした効果が表れてきている。

 1本目から集中してミスなくいい滑りができれば入賞も見えてくるという手ごたえがあった。
 
 もう少し頑張ってみるか。腰の調子と相談しながら。


 
うまいもの
DSC_0375.jpg

 昨日新潟の名立町の道の駅「うみてらす」に行って漁師丼なるもの食べました。
 いやあ、新鮮!エビ汁には甘エビが10尾も入ってた。
 落花生はおそらく節分的な意味合いかと・・。

 うまいもの食べてまた元気出してやろうと思って。嫁と息子と行ってきました。

 今日は雨の中ゲートキャンプ(GS)やりました。寒かったけどキャンパーのみなさん
元気に練習しました。

 さて人ごとじゃない俺も練習しなきゃ・・・と思いきやあさってから新作DVDの
撮影が始まります。こりゃ練習できないわな。

 今回の撮影もずいぶん前からじっくり構成を練ってきました。いいものができるよう
頑張ります。ただ週間天気予報が・・・曇りのち雪の毎日で心配。
 頼む・・撮影させてくれ(>_<)

Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。