スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全日本テク選
P1000277_convert_20100228213602.jpg

 2月26~28日、黒姫高原で行われた全日本テクニカル選手権の見学に行ってまいりました。
 毎年テク選DVDの技術解説をしているため、現場に行ってバーンの状況や選手の様子を肌で感じ、
解説したいと思っているからです。

 天気予報ですでに雨と予想されていたとおり初日から雨模様に。しかしバーンは以外にも滑りやすいようだった。
 1日目はミドルウェーブとフリーライディング。ミドルウェーブでは著しく選手のレベルが上がっていることに
正直ビックリ。またフリースタイルカテゴリではハンマーヘッドぎみのボードを駆使してすばらしいターンを
繰り広げてくるところに新しいフリースタイル時代を感じた。

 2日目は濃い霧のため朝から待機。1日中待つもガスは一向に晴れず結局2日目予定していた3種目をキャンセル。
 3日目にはカテゴリ指定種目のアルパインGSとフリースタイルエア。そしてショートターン展開を行い
全体の6割を遂行し競技成立・・・の予定がまたしても午後深い霧に覆われ、FS男子のみ結局ショート種目を
やり終えることができずキャンセルに。
 したがってFS女子、AP男子、女子は総合順位が出たのだが、FS男子のみ総合順位がないまま競技終了。
 表彰式ではFS男子、3種目の合計で参考記録として発表し仮表彰のような形に。初めてのケースだ。

 さて結果だが当スクールの中本優子がFS女子で5連覇を達成。ついに会田二郎の持つ記録に並んだ。
 僕の持つ7連覇の記録を塗り替えるのは間違いなく彼女だろう。うん、優子になら記録を更新されても本望だ。

 AP男子は韓国の招待選手ミン・ボーホン選手。・・うまかった。GSも速かった。しかし招待選手に優勝を
持っていかれたのはやや悔しい。とはいえ昨晩夕食時に少しお話した時に、彼が僕のDVDを見て僕のことを知ってくれていたことがちょっと嬉しかった。

 AP女子は木村明美が優勝。底力を持っている。

 何はともあれ終了した今回のテク選。今後また茶原氏とともに技術解説をすることになる。今回種目ごとの攻略法などのコメントをホテルで収録した画像もおまけに載せておこう。

P1000281_convert_20100228213752.jpg


 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。