スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺ってやつは・・・
 俺のシーズンが終わった。

 第3戦、福島たかつえPGS。GSは俺の好きな種目でもあり、これが緩斜面となれば
少しは俺にも勝機があると思っていた(俺の中の勝機とは入賞のこと)

 雪は表面が緩み、下が硬いバーン。ちゃんとエッジが噛むからある程度自信もってイケた。
 1本めはそれなりに攻めた・・・しかし1つめのロールをクリアしたあとにフロントでビッテって
転倒。 これで一気に気持ちが落ちた。
 2本め、集中はしていたものの今一つ気合い入らず、少し抑えた滑りをする自分にいら立ちながら
1つめのロールでバーンの荒れにつかまりまたしても大きなミスで停止寸前。
 魂の抜け殻のようにボーっとゴール。

 俺は落ち込んだ。練習もしてきたが、こんなイージーミスをするとは・・・・。想定が甘かった。

 たかつえから帰って次の日、3日後の最終戦に向けてSL練習。啓太、順君、西村などと一緒に
刺激を受けながら練習するも10本ほどで腰痛がひどくなりだし、終了。
 きっかけはつかんだので、大丈夫と自分に言い聞かせ午後は体を休める。
 
 翌日、翌々日は単行本の撮影でつぶれる。

 そして迎えた最終戦DU 白樺湖ロイヤルヒル。5時起きで向かう。

 めずらしく7本ほど体や足が動くまで念入りに滑り、いい感触をつかむ。

 1本め、これだ!といった戦略がないまま、とにかく攻めの気持ちを持ちつつスタート。
 思いのほか体が動きスムーズにゲートを次々とクリア。しかしリズムが変わるゴール前の4~5
ゲート前でラインが大きく膨らみ失速。
 なんでそこでミスするかなあ・・・と自分に呆れる。何のためにインスペクションしたんだか。

 2本めまでは、今日はできるだけなごやかに過ごすように心がけ、スタートに立つ。
 いい緊張はある。が1本めよりは若干集中力が甘い。
 それなりにうまくクリアし後半へ。ラインが変わるバナナゲートのあとに青氷の箇所があることが
インスペクションでほとんど頭に入っておらず、そこで叩かれ転倒。

 またしても・・・終わった(*_*) 振りがきついわけでもないのに体を入れすぎたためだ。

 ・・・・まったく俺ってやつは・・・(+_+)

 結局俺はまだ・・このレベルだ。

 気持ちは20代。体は50代。足も痛い、腰も痛い。1日6本程度がいいとこ。それを過ぎると腰痛い。
 でもやる気はある。勝とうとする気もまだある。だからまだやりたい。


 バインディングやブーツのセッティングを変える勇気もある。滑りを1から変える覚悟もある。

 ・・・・また1年生からやり直しだ!
 
 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。