ゲートでフラフラ
 こんにちは。昨日、おとといとさのさかの第5(急斜面)でゲートトレーニングをしました。
 翔太(屋田)にセットしてもらい、西村ほか色んなメンバーと一緒に入らせてもらった。両日とも硬いバーンでよかったが、業界用語で言う「ジャガイモ」が豊作で、そのジャガイモが、雨で固まったジャガイモなので、手に当たると痛いのなんの。ま、それはさておき滑りの内容について書きたかったんだわさ。
 
 ま、結論から申し上げると、「全然滑れねぇ~」というわけです。急斜面は上に乗っている雪が飛ばされてアイスバーンが出て、段掘れになっている。そこを見てしまうと後半エッジングになってしまうし、目線も遅れる。はたまた体の動きも止まってしまう・・・ってのをわかっていながら直せない自分にイライラ&ガックリ

 何度も気を取り直しイメージを修正して臨むが、またしても・・・。

 回数を重ねるうちに、最初思い描いていた理想の滑りからどんどん落としてこのくらいに滑れれば何とかなるか・・。になっている。でまたそんな自分に腹が立つ。

 どうせやるなら若いやつにも負けたくないって思う反面、体が言う事を効かない歯がゆさも感じ葛藤している。

 今度の日曜にはプロ戦第1戦が岩手の雫石で。そこでどれだけの滑りができるのか。まさに自分との闘いだ。後悔したくない
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈