ヒザロック
P4190066_convert_20090419231944.jpg

 久しぶりにやってきましたヒザロック
あれは昨日PM4時半近くのこと。実家で仕事中、しゃがんだところから立とうとした瞬間右ヒザに激痛が
 ウッ・・・き、キタ~ッ

説明しようヒザのロッキングとは、ヒザ関節にある半月板が裂けてしまい、そこに骨がひっかかりロックして曲げたヒザが伸びなくなってしまう状態のことである。
 これは原因として長年のヒザの酷使による場合が多いが、ボクの場合スノーボードでのひねり動作によってなったようだ。今回右ヒザのロッキングだが、左のヒザも困ったことにひっかかりかけることがある。

 そもそもことの始まりはボクがまだ現役だった頃、第6回目のテク選の年だから今から10年前。
ゲレンデでレッスンしてて、ヒザをついて生徒さんに説明した後立ち上がろうとした途端、ロッキングしたんだ。
 それから現在に至るまで実にロッキングは十数回。ロッキングしてしまうと立つことも歩くこともできなくて、
 そのままひたすら待つしかなくて、早いときで1時間半、長いときで6時間後にロッキングがなぜか解除し、
解除すると、その瞬間からスタスタと歩ける。まわりの人には、ふざけてたんじゃないか??と思われるほど。
ホント不思議なんだ。ところが今回は全然解除せず、実家からオヤジに車で送ってもらい自宅まで帰るも
まだ解除せず、泣く泣く夕べはそのまま寝たんだ。夜中痛くて痛くて熟睡できず朝を迎え、ついに奥の手を。

 そう、写真の左に見える男。この男こそボクの専属ドクター服部徹先生。服部先生に頼んで解除してもらうことに。とはいえ彼の家は僕んちの隣。歩いて30秒。彼の本職は理学療法士。そう、リハビリの先生。
 そもそも彼との出会いは数年前ビデオの撮影中に転倒して、左肩脱臼と右肩腱板損傷した際のリハビリでお世話になった先生。
 その後空手も一緒のところでやっていることがわかり、空手もずいぶん教わった。彼は総合格闘技の空手、「禅道会」の師範でリアルファイティング全日本で何度か優勝しているほどの腕前。

 それで来てもらってロッキング解除を頼むと、な、なんと1分もかからずにスッと解除させてくれた。
 「オォ~治った』 スゲエ  ウソのようにスッと立てる。

 すばらしい。さすが服部先生。

 この半月板損傷。昨年意を決し、手術するつもりで検査したところ、先生に「相沢さんこれからも選手として
やりたいなら手術しないでやれるところまでやりましょう」「で、日常生活に困るようになったら手術しましょう」
という結論に。つまり、ボクの場合年が年なので、手術すると運動のパフォーマンスは確実に下がると。
 だから日常生活に特に困らないのなら、ロッキングだけ気をつけて、だましだましやれるところまで選手やりましょうと。
 というわけなんです。やれやれ、年とるとあっちこっち痛いところばっかで、その心配が40%くらいはあるな。
 腰痛、坐骨神経痛、ヒザロック、肩の痛み、足首の捻挫グセ。これだけ心配のタネ持ってるもんね

 クソーッ!負けねーぞー!

ではまた

 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

痛そう
お久しぶりです。
イノッチです。

相沢さんのブログはいつも拝見してましたが、恥ずかしさが先立ち
なかなかコメント出来ず...
久々というか、二度目のカキコです。

しかし...痛そうな写真ですv-12
とはいえ、信頼出来る専属ドクターが超~身近にいるというのは羨ましい限りです。
私もかれこれ20余年ずっとお世話になっている鍼の先生がいますが
どんなに急いでも車v-231で15分。
...負けたv-157v-156(笑)

今シーズンはとうとう相沢さんのレッスンを受ける事が出来なかったので
来シーズンは是非にと思っておりますです。
そのためにも...と言っては何ですが、多くの相沢さんファンの為にも
相沢さんには末永く元気で現役で頑張って頂きたいです(^^)。
体、大事になさってくださいねv-254

ちなみに...
田中のおいちゃんはGW中に滑りに行くと騒いでいます。
元気なおいちゃんですv-208


イノッチ | URL | 2009/04/21/Tue 20:54 [EDIT]
久しぶりです
イノッチ,久しぶりです。
今シーズンはレッスンできずすみませんでしたね。
来シーズンまたお待ちしています。

ヒザも落ち着きなんとか毎日を過ごしています。
ご心配おかけしました。

田中のおっちゃん、年取りませんね。ずっとあんな感じでいくんでしょうね。

もうじき原稿書きも終わるのでマメに更新できると思います。

ではまた。
| URL | 2009/04/28/Tue 22:21 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈