スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の趣味その1
P5180001_convert_20090520221441.jpg

 買いました、ニューボード。そうスケートボードです。
何年ぶりでしょう。スケートを買うのは。・・・おそらく20年ぶりくらいです。
その昔ボクが20才前後の頃、スケートボードとサーフィンに憧れて、まず通信販売でスケートボードを買いました。その後スノーボードの友人で、当時プロスケーターでもあったローズ松島と西川スラたかしと出会い、テクニックを教わりました。
 スケートボードにはさまざまなジャンルがあり、それらに強く興味を持ちました。
スノーボードでいうHPに似たランページ。自然の地形を利用しさまざまなトリックを用いて遊ぶストリート、細いボードで平地でトリックを競うフリースタイル、パイロンを立ててスラロームのタイムを競うスラローム、また下りを高速で滑り降りるダウンヒルなど。

 ボクはとりわけフリースタイルに強い興味を持ちました。はじめはランページもストリートも楽しみ、自宅に幅の狭いランページを作ってひたすら練習もしました。当時のスター、トニーホーク、クリスチャンホソイ、マイクマックギルなどのモデルのボードを買いむちゃくちゃ滑りました。その当時のビデオも残っています。
 その後パウエル(メーカー)のプロモビデオのフリースタイルの妙技に目を奪われ、すぐにスーパースター、ロドニーミューレンモデルを2台購入しました。
 それからはビデオを見ながらひたすらテクニックの練習。見よう見まねでいくつかの技ができるようになりました。その当時の映像ももちろん保存してあります。

 それからだんだんスケートから遠のいてしまいましたが、2年ほど前テク選に出ている吉野智和君が出ているDVDの中で吉野君のすごいスケートテクニックを見て再び火がつきました。
 吉野君にその話をすると、日本のトップフリースタイーラー藤井兄弟に教わっていると・・・。

 後日藤井兄弟のDVDを見せてもらうと・・・ビックリ!ボクの記憶にある世界一うまいロドニーミューレンのテクニックを越えたすごいテクニックの連発。

 え~!日本のレベルはこんなところまで来ているのか・・・とカルチャーショック!

 かくかくしかじかそういうわけで今回フジイマサヒロモデルを購入したのであります。

 フリースタイルにはいろいろな系統のテクニックがありますが、復習のつもりでやってみるものの当時とは体重が違い、体が重くてなかなか思うようにいきません。とはいえ、当時の感覚は忘れておらずそれなりにできることもあり、今後のことを考え、また新しい目標ができた嬉しさがこみ上げてくるのです。

 年とヒザの爆弾を考慮しながらテクニックを向上させます。いや絶対に・・・。

 いつかみてね
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。