祝!夢かなう
 プロ初戦、5位となり、表彰台に立つ!
 20160213_141235.jpg

 2度目のプロに上がったのが42歳のとき。あれから11年目、ついに人生2つめの夢をかなえた。
 その2つ目の夢とは、「55歳までにプロ戦で表彰台に立つ!」というもの。
 53歳にして初表彰台。喜びはひとしおだ。
A18D9419.jpg
BP5V4778.jpg
BP5V4757.jpg

 今回の5位。この順位は俺の人生に影響を与えてきた。
 俺は子どものころからスポーツはそこそこできたが、決してセンスがあるわけではなかった。
 スノーボードをはじめた20歳まではスキーノルディック複合の選手だったが、決して強くはなかった。
 複合という競技はジャンプとクロスカントリー(細いスキーを履いたマラソンのようなもの)の2種目の
合計点で競う。
 俺は特にクロスカントリーが苦手で、「亀の相澤」と異名をとるほど走るのが遅かった。インターハイや
国体予選ではコース係の人たちが、もう全員ゴールして誰もいないだろう。と片付けて撤収作業を始めたころ、
俺がトボトボ走ってきて、「あ、まだ選手いる!」と忘れられるくらい遅かった。
 中学では、俺だけ全中(全国中学生スキー大会)に出られなかった。

 高校では、複合という競技をやる人口が比較的少なかったので、インターハイや国体にはギリギリ
行くことができた。ただ、成績はやはり泣かず飛ばず!

 そんな俺に転機がやってきた。それは高校3年の時、スキー部のジャンプのチーフに任命された。
 こう見えて責任感の強い俺はそれなりにチームをまとめようとした。
 そうして迎えたインターハイ。場所は富山、前半のジャンプでまさかの5位につけた。
 普段は俺のような弱い選手には見向きもしない新聞記者が、カメラを向け取材に来る。
 後半は超苦手のクロスカントリー15キロ。いろんな葛藤が渦巻いた。
 当日は雨。この種目はワックスがとても重要だが、スタートしたらスリップなしでグイグイ走れる感触があった。
 なぜか俺にスイッチが入った。あ、苦しくない!どうしたんだ?
 コーチが俺に叫ぶ。「盛夫!タイムいいぞ!その調子でいけ!」俺は「ゾーン」に入った。
 結果、超苦手なこの種目で8位になり、総合で5位となった。賞状をもらった。

 これで俺は大きく人生が変わった。スノーボードを始めるまで、いやこれまでずーっと、この高3での
インターハイ5位を支えに生きてきた。俺もやればできる!と。

 次の転機はテク選7連覇。結果だけ見るとすごそうだけど、この競技が俺に向いていただけ。
 テク選という種目は、1位にならなくてもいい。6種目を平均して高い次元でまとめれば総合で上位に
入るおもしろい種目だからだ。ずば抜けた実力を持っていない俺には向いていた。
 俺はタイミングが良く、連覇したことでメディアから取り上げられる機会がいきなり増えた。
 TVにもたくさん出た。
 
 みんなが「レジェンド」と呼んでくれるが、俺は俺なりに努力してきただけで、不器用なのは変わっていない。
 不器用だからとにかく考える。どうやれば自分の滑りが変わるか。そしてそれを試す。検証する。その繰り返し。
  俺には師匠がいない。はじめた時からスキー部時代の友達に聞いて、スキーの技術をスノーボードに
置き換えたり、人の滑りを見て盗んできた。

 あることがきっかけでデモンストレーターを引退した。そしたら、子どものころからずっとやってきた、「競技」
というものから離れ、ぽっかりと心に穴が開いた。どこに向かっていけばいいかわからなくなった。

 俺は思った。このままでは過去の栄光にすがってこれからスノーボードを教えていくことになるな。と。

 俺は再びレースの世界に踏み込んだ。アマチュアから挑戦し、42歳で2度目のプロになった。
 プロの世界で技術を磨いていくことで技術の仕入れをして、それをスクールやコーチングにフィードバック
しようと思ったからだ。
 そして、55歳までに表彰台に立つ夢(目標)を掲げ、努力した。それを達成して人に認めてもらいたかったから。
 できる!と信じていた。信じるようにした。

 俺のヒザは半月板が限界に近い。手術しないと治らない。腰はすべり症でしびれてる。この歳で手術すると
パフォーマンスが下がるそうなのでしたくない。
 いつまでできるかわからない。から俺はこれからも挑戦する。
今年の冬は・・・
 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。

 いまだに雪不足で、さのさかは全面オープンできていません(+o+)
 俺がスクールはじめて今年で25年め。こんな年は初めてです。
 もう天気予報なんて信用できません。なにが寒波だ!なにがまとまった積雪だ(>_<)

 白馬の中でも明暗を分けたこの冬。おとなりの五竜や47は前年比200%のお客の入りだと。
 こちらはさっぱり・・・。降雪機もゴンドラもないのはやっぱり不利だなあ。

 でも愚痴ってばかりもいられない。誰が悪いわけでもない。

 やれることをやるしかない。スクールとしても工夫をこらしてやっていきます!

 というわけで・・・個人的には、あのオリンピアン鶴岡君からこんな企画を提案され
実現!
 20160113_152547.jpg

1月23日、24日 鶴岡剣太郎&相澤盛夫 フュージョンキャンプ
in 白馬さのさか

 トリノオリンピックAP日本代表 鶴岡剣太郎と第1回~第7回テク選優勝の 相澤盛夫がレースとテクニカルの魅力を伝授!そしてうまくなるための「意外なコツ?」をアドバイス!
 積雪状況によりゲートトレーニングができない可能性もありますが、その場合はフリーランにてエクササイズや個別に対話しながらのアドバイスをいたします。
 夜は懇親会にて我々コーチの経験談や裏話も(^^)
 お楽しみに!
 宿泊込みプラン、宿泊なしプランがありますよ。以下からご確認ください。
 お申し込みはデジエントリーから⇒http://dgent.jp/e.asp?no=1500769
夢がかなう?
何やら夢がかなうらしい。
 やってみたが、途中どうしてもできないことがあって・・・。やめ

 やってみて!俺もできればやりたかったんだけどな。
           ↓

友人に教えてもらった記事ですが
すんごい結果が出たのでシェアします。
試してみて下さい。

このゲームを考えたご本人は、たったの10分で願い事が叶ったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、 あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。



たったの3分ですから、ためす価値ありです。

まず、ペンと紙をご用意下さい。そして約束してください。

絶対に先を読まず、1行ずつ進む事を。

先を読むと、願い事が叶わなくなります。






●準備はよろしいですか?。



1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。



2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。



3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。

必ず、興味のある異性の名前を書く事。
男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく。




必ず、1行ずつ進んで下さい。

先を読むと、なにもかも無くなります。


4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。

これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。




まだ、先を見てはいけませんよ!!



8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。



5)最後にお願い事をして下さい。






さて、魔法のゲームの解説です。



1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。



2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。



3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。



4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。



5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。



6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。



7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。



8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。



9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。



10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。



これを読んでから、1時間以内にブログや日記に貼り付けてみましょう。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。

俺プロデュースDVD第4弾
 いやいや、シーズン終わってからずっと更新サボってました。
 FBはちょこちょこ写真アップしてたんですが・・・

 ウィンターシーズンが終わると俺はもう一つの仕事に移る。
 そう石材業だ。

 昨年11月の白馬地震で墓石が軒並み倒壊し、ずーっと
その復旧工事の毎日だ。やってもやっても次から次と電話が
かかってきて終わるどころが増える一方。

 
続きを表示する
プロランキング
 シーズン終わりました。
 
 4月11日のプロ最終戦は、得意なはずの緩斜面GSfだったにもかかわらず
1本目で転倒し、シーズン最後だからと珍しくおっさんクラス(シニアプロ)にも
エントリーしたのに、その1本目も転倒し、2本目スタートを待っている間に、
持病の右ひざ半月板ロッキングが出てしまい、立てなくなった。
 早ければ1時間、遅ければ1日かかっても解除しないこのヒザ。
 実はもうこのロッキングを15回くらいしていて、手術しないと治らないと
言われていたので、7年ほど前に意を決して、スポーツ整形に手術する気満々で
行ったところ、先生曰く「相澤さん、選手続けたいんですよね?若い選手なら手術を
勧めますが、相澤さんの歳だと手術すると確実にパフォーマンスが下がりますから
このまま手術しないでだましだましやれるところまでやりましょう。で、日常生活に
困るくらいになったら手術しましょう。」と。

 それ聞いて、それはそれで納得した。確かに膝を曲げる角度さえ注意していれば
そんなにロッキングすることはない。滑っているときは100%ロッキングしない。

 しゃがむとき、女性のように膝を崩してしゃがんでしまうと、立つときに半月板が
引っかかってしまう。
 引っかかると激痛で立つこともできない。何度か膝の曲げ伸ばしを試みているうちに
自然にポコンっと解除する。そうするとウソみたいに普通に歩ける(痛みは残るが)
 今までにそのロッキングをその場で解除できたのは、安曇総合病院、白馬診療所の
理学療法士「服部徹」だけだ。

 さてさて、本日PSAのプロランキング(暫定)が発表されました。

 俺はかつてアマチュアからプロになり、その後デモンストレーターになるときに
当初のJSBAの規定によりプロを辞めなくてはならなくて、37歳でデモを引退してから
今一度アマチュアのレースに参戦。42歳で2度目のプロになった。

 それから今年で10年目。そう52歳だ。そして

 2度目のプロで今季が一番ランキングが良かった。13位。

 何が良かったか。

 今年何年かぶりに、かつて長友幸一が引っ張ってきた「AZレーシングチーム」を復活させた。
 それは、長友の血を受け継いだ西村知泰プロと話して復活にこぎつけた。
 そこに玉木啓太プロが参入してくれた。熱い男2人は俺にとって鬼に金棒。

 そんな環境の中でいつものシーズンよりしっかりトレーニングできた。

 そして、信頼できる「OGASAKA SNOW BOARD」が年々進化している力が大きい。
 かの川口晃平はワールドカップの舞台で、日本のOGASAKAで決勝に進出した。

 もう一つ、俺はこう見えて人の話にわりと左右されない。言い換えると自分の能力を
わきまえている。日本の、世界のトップレベルの選手と同じことを俺もできるとは
思っていない。
 だから、その方々の話を聞き、自分の中でかみ砕いて自分用にアレンジする。
 そして自分の滑りを組み立てる。

 それが今シーズンはできたのかなと思う。

 俺の挑戦はまだまだ続く。

Copyright © 相沢盛夫のきまぐれ日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈